住まいの豆知識

キッチンのタイルのお手入れ・お掃除方法のご紹介 < トップページ
サポート
長期優良住宅
BL長期優良住宅PDF資料ダウンロード
安心のサポート
安全に健康で暮らす事
ペットと暮らす家
住まいの豆知識
よくある質問FAQ

お手入れ・お掃除方法のご紹介


日ごろのお手入れ・お掃除方法やプロが教えるお掃除のコツをご紹介しています。

お手入れ・お掃除に関する情報

タイルの日ごろのお手入れ方法をご紹介します。

  浴室洗面トイレキッチンリビング玄関
 
キッチンの床タイルのお手入れ  キッチンバックタイルお手入れ

キッチンの床タイルのお手入れ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キッチンの床は油汚れや食材の汚れが付きやすいのでこまめにお掃除してください。



1 通常のお手入れ


拭き掃除

日常のお手入れは中性洗剤を水に薄めて雑巾を濡らし、よく絞ってから、拭き掃除をしてください。

モップ

目地に、歩行などでヒビ割れしないように柔軟性のある弾性目地(スーパークリーン インテリアフロア)をご使用の場合は、目地の素材自体が比較的軟らかい材料ですので、目地部分のみをごしごしこすったり、ブラシやタワシなどでこすることは避けてください。モップや雑巾などでタイルと一緒に床全体を拭き掃除するようにしてください。

醤油や油などがこぼれた場合

床に醤油や油などがこぼれた場合、目地部分は放置しておくと汚れが染み込んでいきます。なるべく早く拭き取るようにしてください。



ページTOPへ



.2 タオル表面の汚れが落ちにくい場合


スポンジ

レンジ用洗剤をかけて雑巾などでこすります。雑巾で落ちにくい頑固な汚れの場合はナイロン不織布スポンジ(商品名:「スコッチブライト 研磨粒子なし」など)や、メラミンスポンジ(商品名:「激落ちくん」など)でこすります。その後固く絞った雑巾で洗剤を拭き取り、最後に絞った雑巾で仕上げ拭きを行ないます。(メラミンスポンジは洗浄効果は優れていますが、すぐに磨耗しますので新しいものに交換しながらご利用ください)


 

ページTOPへ



.3 目地に汚れが染み込んで落ちにくい場合


塩素系漂白剤

塩素系漂白剤(商品名:ハイター等)を水に薄めて、これを雑巾にひたし汚れ部分を軽くたたくようにして汚れを吸い取ってください。

ティッシュ

これで落ちにくい場合は、ティッシュなどに漂白剤の原液を染み込ませて湿布するように汚れにかぶせ5〜10分放置してから雑巾などでたたくように吸い取ってください。


 

ページTOPへ



4 ワックス掛けについて

×ワックス

ワックスは油汚れが付くと落ちにくくなるため、ワックスは塗らない方がお手入れが容易です。



ページTOPへ




キッチンバックタイルのお手入れ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キッチンバックのタイルには油汚れがつき物です。
焼きついて落ちにくくなる前になるべく早くお掃除しましょう。




  • 1 通常のお手入れ

    雑巾

    日常のお手入れは中性洗剤を水に薄めて雑巾を濡らし、よく絞ってから、拭き掃除をしてください。


    水拭き

    醤油や油などは、キッチン用の目地(スーパークリーンキッチン)をご利用の場合は汚れが染み込みにくくなっていますが、長時間放置しておくと多少染み込んで行ったり、焼きついて落ちにくくなります。なるべく早く拭き取るようにしてください。



    ページTOPへ




    .2 タオル表面の汚れが落ちにくい場合


    スポンジ

    レンジ用洗剤をかけて雑巾などでこすります。雑巾で落ちにくい頑固な汚れの場合はナイロン不織布スポンジ(商品名:「スコッチブライト 研磨粒子なし」など)や、メラミンスポンジ(商品名:「激落ちくん」など)でこすります。その後固く絞った雑巾で洗剤を拭き取り、最後に絞った雑巾で仕上げ拭きを行ないます。(メラミンスポンジは洗浄効果は優れていますが、すぐに磨耗しますので新しいものに交換しながらご利用ください)

     


    ページTOPへ




    .3 目地に汚れが染み込んで落ちにくい場合


    歯ブラシ

    油汚れはクリームクレンザーをつけた歯ブラシでこすり落とします。

    塩素系漂白剤

    染み込んだ汚れは塩素系漂白剤(商品名:ハイター等)を水に薄めて、これを雑巾にひたし汚れ部分を軽くたたくようにして汚れを吸い取ってください。

    シミ取り法

    これで落ちにくい場合は、ティッシュなどに漂白剤の原液を染み込ませて湿布するように汚れにかぶせ5〜10分放置してから雑巾などでたたくように吸い取ってください。



キッチンの床タイルのお手入れ  キッチンバックタイルのお手入れ
ページTOPへ
 

ご相談、お問い合わせは

株式会社ビー・エル・ハウジング
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-4
フリーダイヤル:0120-00-6327
メールの方はこちら→