耐震補償付き住宅スーパーストロング構造体VALUE

耐震補償付き住宅 < トップページ
BLHの家づくり
長期優良住宅
安心のサポート
安全に健康で暮らす事
ペットと暮らす家
住まいの豆知識
よくある質問FAQ
 

スーパーストロング構造体VALUE


耐震補償付きスーパーストロング構造体VALUE
世界で起こる巨大地震の5回に1回は、日本で発生しています。

特に近年、地震が頻発し、家づくりにおいて地震対策は重要な課題になっています。

トステムの 「スーパーストロング構造体バリュー」は、

耐震設計により一般的な木造軸組住宅の耐震性能を高め、

地震に負けない暮らしをサポートいたします。

お客様が現在検討中の外観や間取りをそのままに、地震への安心をプラス。

これからの「安全基準」として、ぜひご検討ください。

ビー・エル・プランニング株式会社は、

トステムの「スーパーストロング構造体バリュー」の加盟店です。
耐震補償付き


耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」の仕様

日本における過去に起きた大地震



安心の理由

「耐震等級3」相当を実現

スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」その答えは、「耐震等級3」相当の設計検査にあります。

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。
建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に
対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性

スーパーストロング構造体バリューは、全棟で「耐震等級3」※相当を実現しています。

※「耐震等級3」相当とは、トステムが建物の構造の安全性に項目を絞りその性能を評価しているため、
住宅性能表示とは区別して表示したものです。

ページTOPへ
トステムの設計検査体制

全棟「耐震等級3」相当を支える、トステムの設計検査体制

スーパーストロング構造体バリューでは、全棟「耐震等級3」相当を実現するために、公正で安心できる検査・補償体制を実現しています。建築会社・工務店が設計した図面をトステムで住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造設計CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査。検査後は、すべてのお客様に安心の証として、「設計検査報告書」を発行します。
   
構造設計CADシステムによる設計検査では、強度不足がある場合、図面上のその部分を赤色で表示。確実に判定できるシステムになっています。
   
お客様にお渡しする「設計検査報告書」には、各設計検査内容とその結果報告が詳細に記載されています。
設計検査報告書
 


住宅瑕疵担保責任保険に対応

住宅瑕疵担保責任保険法人が建築中の現場を検査/住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険法人が、 工事完了までに計2回の現場検査を実施します。 ※瑕疵担保責任保険については、地震による損害は免責となります。
 

設計検査報告書の販売価格
設計検査報告書の販売価格

※「設計検査報告書価格」は、トステム(株)が設計検査を行い、設計検査報告書を発行する価格です。
その他打合せ等の諸費用が必要となります。

※上記表示価格は、消費税込の金額となります。


地盤調査の実施

スーパーストロング構造体バリューは、地盤調査の実施が必要です。
   
ページTOPへ
 

ご相談、お問い合わせは

株式会社ビー・エル・ハウジング
〒192-0071 東京都八王子市八日町10-4
フリーダイヤル:0120-00-6327
メールの方はこちら→